La Strada Schedule
< 2019.04 2019.05
5.4
(土)
TITLE 新井孝弘 × U-zhaan 北インド古典音楽ライブ
ARTISTS 新井孝弘(サントゥール) FB / U-zhaan(タブラ) HP
OPEN 18:30 START 19:00
ADV ¥3,000
中高生¥1,500
DOOR ¥3,500
中高生¥1,500
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<新井孝弘>
1979年生まれ。ドラマーとしての活動を経たのち、05年より宮下節雄氏にサントゥールを師事。07年よりインドに渡り、世界最高のサントゥール奏者Pt.Shivkumar Sharma氏に師事。
09年にインド国内で公式にデビューし、コンサート活動を開始。16年にはVasantrao Deshpande Sangeet Samaroh(Nagpur)、Vishnu Digambar Jayanti(Delhi)、Sawai Gandharva Bhimsen Mahotsav(Pune)など、非常に長い歴史を持つ、インド国内有数のインド古典音楽祭に出演。他にもムンバイ・ボパール・チェンナイなどインド各地で多数の公演を行い、12年にはインドの著名な声楽家Pt.JasrajよりCross Cultural Understanding Awardを授与された。14年 Tina Turnerらによるアルバム「Love Within」に参加。現在もムンバイに在住している。

<U-zhaan(ユザーン)>
オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。10年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等をリリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリースした。16年には映画『マンガをはみ出した男 赤塚不二夫』の音楽をU-zhaan + Shuta Hasunumaで担当し、ボーカルにタモリをフィーチャリングした主題歌が話題となる。17年に蓮沼執太との共作アルバム『2 Tone』、18年にはフルカワミキ÷ユザーンとして『KOUTA LP』をリリース。
5.6
(月)
TITLE ワタナベマモル LET'S GO ツアー
ARTISTS ワタナベマモル (Vo,G) HP / インチキンハーツ / 他
OPEN 18:30 START 19:00
ADV ¥2,000
中高生¥1,000
DOOR ¥2,500
中高生¥1,000
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<ワタナベマモル>
1963年12月4日静岡県清水市に生まれる。
1983年ロックバンド「グレイトリッチーズ」を結成し、インディーズレーベルのナゴムレコードより2枚のシングル、キャプテンレコードより1枚のアルバムを発表。1989年にキングレコードと契約しメジャーデビューし、3枚のアルバムと2枚のシングルを発表して1993年に解散。
その後、大木温之(Theピーズ)、トモフスキー、シンイチロウ(the pillows)らとのユニット「MTハピネス」やトモフスキーのサポートベーシストなど幾つかのセッションを経て「MAMORU&THE DAViES」を結成。ロフトレコードより1stCD「想像しよう」を1997年10月に2nd「R&R HERO」を1998年11月に発表。
2001年8月には自らが発足したレーベル「シンプルレコード」より「MAMO'S BLUES Vol.1「Vol.2」、2002年6月にはグレイトリッチーズの未発表曲を集めた「THE GREAT RICHIES 1994」、11月にはミニアルバム「DO THE DAViES」、2004年8月に「Pretty swing」を発表。
2007年には「MAGIC TONE RECORDS」を立ち上げ、イギリスのパブロックバンド「DR.FEELGOOD」のトリビュートアルバム「ニッポンのロックンロール」をプロデュースして <MAMORU & The DAViES・赤羽ブリロー(ハル、アビコ from Theピーズ・プライベーツ・夜のストレンジャーズ・Mooneyなどが参加>ロックンロールの愛情あふれるアルバムと話題になる。
2008年8月には4年振りのニューアルバム「ヒコーキもしくは青春時代」を発表し、甲本ヒロト、トータス松本、チバユウスケ、山中さわお(the pillows)、YO-KING(真心ブラザーズ)など多くのミュージシャンから絶賛される。
2009年9月には初のベストアルバム「ヒットパレード」、2010年10月には甲本ヒロト、トモフスキー、ハッチ八ッチェル、ギターパンダなどをゲストに迎えたソロアルバム「SESSiONS(セッションズ)」を発表。
2011年9月には MAMORU&THE DAViESとしては2年ぶりのアルバム「MEXiCO MONK(メキシコモンク)」、2012年4月に初のDVD「Texas Punk」、10月には10枚目のアルバム「YOUNG BLUES」を発表。
生誕50周年を記念した11枚目のアルバム「MUDDY WATER」を2013年12月4日に発表した。
2015年8月13日に自らのセルフカバー集「SWiNGiNG ROCK'N ROLL」を発表。
2016年7月より、かつてグレイトリッチーズでも一緒だった福島誠二(THE FOOLS、奇形児)がベーシストとして加入。
コンスタントなアルバム発表と、バンドと弾き語りの両方で年間130本以上のライブをライフワークにしている。
MAMORU & The DAViES ニューアルバム「LET'S GO!」4月17日発売。
5.10
(金)
TITLE アルバム『こころのこと Kokoro-note』発売記念
倉地恵子ジャズボーカルの夕べ
ARTISTS 倉地恵子 (Vo) HP / 米田正義 (Pf) / 山崎弘一 (B) / 亀山賢一 (Ds)
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥3,500
中高生¥2,000
DOOR ¥4,000
中高生¥2,000
1dorink付
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<倉地恵子>
東京都出身。慶応大学の学生バンド「The Kalua」で活動を開始。卒業後、東郷輝久氏にジャズボーカルを師事。ソロでのジャズライブ活動の他、ゴスペルコーラスグループ「VOJA」のディレクター、アレンジャーを務める。又、セッションシンガーとして「紅白歌合戦」「にほんごであそぼ」など多くのTV番組にも出演している。

<米田正義>
富山県高岡市出身、同志社大学卒。関西のベーシスト宮本直行のグループで初レコーディング。上京後は鈴木勲(b)、松本英彦(ts)等との共演を経て、現在は自己のグループの他、丸山繁雄(vo)グル ープ、佐藤達也(sax)グループ等で活躍中。多くのミュージシャン、シンガーから信頼を得ている。

<山崎弘一>
東京出身。早稲田大学在学中に活動開始。89年には滞日中のエルビン・ジョーンズ(ds)のハウスバンドに参加するなど、国内外多くのアーティストと共演。97年にはリーダーアルバム『Serenity』を発表。現在は自己のカルテットの他多くのセッションで活動中。宮城県、山形県でも定期的にライブツアーを行っている。

<亀山賢一>
宮城県石巻市出身。早稲田大学在学中に活動開始。向井滋春(tb)グループで初レコーディング。多彩なバンドへの参加を経て89年にはアメリカで「ブルーノート50周年記念コンサート」に出演、レイ・ブラウン’ (b)とも共演した。ライブ活動の傍ら、自己の音楽教室を開き後進の指導にもあたっている。
5.11
(土)
TITLE
ARTISTS
OPEN START
ADV DOOR
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
5.17
(金)
TITLE
ARTISTS
OPEN START
ADV DOOR
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
5.25
(土)
TITLE
ARTISTS
OPEN START
ADV DOOR
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
< 2019.04 2019.05
   top page