La Strada Schedule
< 2018.05 2018.06 2018.07 >
1
(fri)
TITLE 山田晃士&流浪の朝謡
激情スウィング二〇一八「しばし たゆたう」
ARTISTS <山田晃士&流浪の朝謡>
山田晃士 (Vo,G) HP / 渡辺隆雄 (Tp) HP / 福島久雄 (G)
ロジャー高橋 (Ds) FB / 早川岳晴 (B) HP / 田ノ岡三郎 (Acco) HP
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥3,500
中高生¥1,500
DOOR ¥4,000
中高生¥1,500
drink別¥500
お問合せ La Strada tel.0225-94-9002
コメント ポップでキッチュなガレージシャンソン歌手、山田晃士率いる山田晃士&流浪の朝謡。朗々と乱れ咲く根なし草の華!匂い立つ唄と音のカルナバル!ジプシースウィング、ラテン、シャンソン、バルカン、ジャズ、ロック、ポップス、歌謡曲etc... 全てをノミコンデ生まれた自由すぎる大人達の音楽。

<山田晃士>
84年ロックバンド、AROUGEでデビュー。86年AROUGE脱退後、ソロ活動を開始。94年シングル「ひまわり」でソロ・デビュー、20万枚の大ヒット。97年単身渡仏しレコーディンした、アルバム「モノローグ・シアター」をリリース。97年自身のバンド、KOSHI au Bourbier(現泥沼楽団)を結成。01年Acco.とのデュオ、ガレージシャンソンショーを結成。03年ガレージシャンソンショー、キングレコードよりデビュー。07年山田晃士&流浪の朝謡、活動開始。

<渡辺隆雄>
などでリーダーを務め、これまでに6作品をリリース。 また、藤井郷子/芳垣安洋/アケタ/林栄一/三宅伸治/忌野清志郎/石橋凌/小太刀のばら/木下尊惇など、ジャンルを超えたツワモノ達からの信頼を受け活動。 哀愁と力強さを併せ持った独特のサウンドで、ジャズ〜ロック〜ブラジルをボーダーレスに活躍する熱いトランペッター。近年は曲作りでも高い評価を受けている。

<福島久雄>
88年、東京ホットクラブバンドに参加。フランス・ツアーでジャンゴ・ラインハルト・フェスティヴァルに参加する。99年サラエボで開かれたJazz fest Sarajevo'99に出演。01年オスロで開かれた" Django Reinhardt festivalに出演。07年Gypsy Jazz Festival New Caledoniaに出演。Gypsy swing projectでアルバム「De quel pays etes vous?」 (Capivara)、自己のカルテットでアルバム「European dark sky」(Ohrai Records)を発表。ノスタルジックなジプシー・スィング・ジャズからモダン・ジャズ、フリー、アーヴァンギャルド、民族音楽、等の境界を超えたインプロヴァイズド・ミュージックを目指す。

<ロジャー高橋> 兄の影響でドラムを始め大阪を拠点に数々のアマチュア・バンドを経て 1982年、関西メタル・ムーブメントの折X-RAYでメジャーデビュー。4枚のアルバムと3枚のミニアルバムを発表。その後RESISTANCE、PUGSでそれぞれデビュー、PUGSでは2度のアメリカ・ツアーを果たす。以後ジャンルにとらわれない自由な発想のドラミングで、石田長生、野村義男、Char、宮原学、人見元基(ex.VOW WOW)、桑名正博、桑名晴子、忌野清志郎、加川良、横道坊主、ポルノグラフィティ、D.T.R、町田康、世良公則などのバンド、サポートに参加。 現在はThe Sons、The 卍、Collagens、等で精力的に活動中。

<早川岳晴>
高校在学中にアマチュアのクラシック・オーケストラで演奏し つつジャズを中心にライブ活動を始め多くのバンドを経た後に78年、伝説の変態ジャズバンド・生活向上委員会オーケスト ラに参加。また、上田正樹Push&Pull 等でロック・シーンでの活動も開始。以後、ドクトル梅津バンド、イースタシア・オーケストラ、コクシネル、JOHN ZORNユニット、梅津和時KIPANA、同 NAZO、JAZZY UPPERCUT、麗蘭、仲井戸麗市バンド、シオン、リクオ&The Hookers等に参加。85〜92年のリーダー・バンド<SALT>ではアルバムを2枚発表、 現在のバンドHAYAKAWAでは96年以来5枚のアルバム をリリース。ほかにもソロアルバムを出している。現在はHAYAKAWAの他、梅津和時KIKI Band、麗蘭、仲井戸麗市バンド及びデュオ、長見順デュオ、COIL、緑化計画などジャンルを超えて活動。

<田ノ岡三郎>
1970年3月28日千葉生まれ。気ままに旅することが大好きなアコーディオニスト。東京音大作曲科卒業と同時にTV番組やCMの音楽などの作曲活動を開始。同時に独学でアコーディオン演奏を始め、後にパリ在住のミュゼットアコーディオン奏者、ダニエル・コラン氏に師事。2003年8月に初のソロアルバム「はるのきざし」2009年春に2ndアルバム「風の趣くまま」をそれぞれリリース。2006年9〜10月、舞踏家の櫻井郁也氏とポルトガルの国際ダンスフェスティバルにて公演。ソロや様々なユニットでのライブや、コンサート、レコーディング、イベント参加など精力的に活動中。アコーディオン奏者としてのTVや舞台への出演も多数。
5
(tue)
TITLE 今月は5日が「みちくさの日」
ARTISTS
OPEN 17:00 START 17:00
ADV DOOR ¥500 1drink付
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント お喋りしてぼんやりして、楽器を弾いたりCDを聴いたり。
ラ・ストラーダで道草しましょう。
17時から22時までお好きな時間にお寄りください。
8
(fri)
TITLE 「欠けゆく月の絵の下で」
ARTISTS スーマー (歌、ギター、バンジョー) HP
椎名寛 (ライブペインティング)
アワハウス (仙台) / SADA (石巻)
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥2,500
中高生¥1,000
DOOR ¥3,000
中高生¥1,500
drink別¥500
お問合せ La Strada tel.0225-94-9002
コメント <スーマー (SUEMARR)>
弾き語り。横浜生まれの生粋の日本人。
歌のお伴は古いギターとバンジョー、そしてお酒。各地に出向き、自作の歌から他人の歌まで、まるで自分の歌であるかのように大切に唄い続けている。「酒がすすむ」と言われると喜ぶ男。
2014年のファーストアルバム『ミンストレル』に収録の8曲が、安倍夜郎・原作の漫画を映像化したドラマと映画『深夜食堂』のエンディングソング・挿入歌・劇中音楽として使用される。更にパイレーツ・カヌー、浅川マキの名曲もカバー。
2016年にアナログ盤で先行発売して売切となっていたセカンドアルバム『泥水は揺れる』が2017年1月にCDで発売。同じく『ミンストレル』も再発売された。
更に月刊紙「寒弾(KANBIKI)」を発行し、自らの随筆、俳句を掲載。通算80号を越えている。月刊紙付録音源集「寒弾SONGBOOK 」も毎年発売。
9
(sat)
TITLE 木暮"shake"武彦 with Big Mountain Blue
~LIVE ZOO~ 発売記念tour
ARTISTS <木暮"shake"武彦 with Big Mountain Blue>
木暮"shake"武彦 (G,Vo) HP / 三国義貴 (Key) HP
山崎洋 (B) / 丹菊正和 (Ds,Per) HP
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥3,500
中高生¥1,500
DOOR ¥4,000
中高生¥2,000
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント <木暮"shake"武彦> 1984年デビュー。ロックバンド、レベッカ、レッドウォーリアーズで活躍したのち、1989年渡米、カリフォルニアにおいて5年半の音楽活動。帰国後、ソロプロジェクト、サイコデリシャスで活動後、2003年長男の誕生を機に富士山麓へ移住、アートと宇宙、エネルギーの融合をテーマにした、Mtデリシャス、自然をテーマにしたアコースティックシリーズを経て、2016年12月6年ぶりのエレクトリックギターを弾いた、通算27枚目のオリジナルアルバム「惑星にて」を満を持してリリース。
2018年4月21日『Live Zoo〜 木暮"shake"武彦 with Big Mountain Blue』をリリース。
自ら主宰するピンク・フロイドのトリビュートバンド『原始神母』も多方面から絶賛されている。
15
(fri)
TITLE Sgt.Tsugei's Only One Club Band
告井延隆 アコギ1本でビートルズ!
ARTISTS 告井延隆 (G) HP
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥2,500
中高生¥1,000
DOOR ¥3,000
中高生¥1,500
drink別¥500
お問合せ La Strada tel.0225-94-9002
コメント <告井延隆 (つげいのぶたか)>
1950年、名古屋市生まれ。1973年結成の日本最古のロックバンドであるセンチメンタル・シティ・ロマンスの元リーダー。様々なアーティストへのライブサポート、レコーディング、編曲をつとめる。
『Sgt.Tsugei's Only One Club Band』とは告井延隆による、アコースティックギター1本でTHE BEATLESの完全コピー(再現)を目指したソロ・プロジェクト。
2008年にソロ活動を開始して以来、3枚の自主制作盤を次々と発表。2013年2月2日『THE BEATLES10』を(株)ピンポイントより発売。
「ビートルズの弾き語らず」スタイルを確立し、 アコースティック・ギター1本で全国を飛び回っている。
21
(thu)
TITLE MUGAMICHILL BIRDS Tour 2018
ARTISTS <MUGAMICHILL>
中村達也(Ds / ex.ブランキージェットシティ) HP
ナカコー(G,samples / ex.スーパーカー) HP
ナスノミツル(B / アルタードステイツ) HP
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥3,800
中高生¥1,500
DOOR ¥4,300
中高生¥2,000
drink別¥500
お問合せ La Strada tel.0225-94-9002
コメント <MUGAMICHILL (ムガミチル)>
セッションの延長線上に浮上した色彩感、透明感、アンビエンスを融合し最大限に放出するダークロックユニット。
2016年12月に起動。2017年4月にファーストライヴ録音から再構築と加筆を施したCDーR「POLAND」を、12月に姉妹盤「BIRDS」をリリース。(共に会場限定販売品)
2018年2月「BIRDS」西日本ツアー敢行。2018年3月札幌「OTO TO TABI」出演。
その革新的サウンドをアンオフィシャルバンドとしては異例とも言える勢いで精力的に展開し且つ、遥かに…彷徨中。
< 2018.05 2018.06 2018.07 >
   top page