La Strada Schedule
< 2017.09 2017.10 2017.11 >
7
(sat)
TITLE ナベジ 東北ツアー2017 秋
ARTISTS ナベジ (Vo,G) HP / MS.driver / MIKE HINO & LOCAL MANNERS
OPEN 18:30 START 19:00
ADV ¥2,000
中高生¥1,000
DOOR ¥2,500
中高生¥1,500
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<ナベジ>
1991年ナベジ(Vo&G)を中心にスランキーサイドを結成。これまでにフルアルバム、ミニアルバム、DVDなど11タイトルをインディーズレーベルよりリリース。結成から27年目となる現在も精力的に活動する傍ら、アコースティックギター1本でのソロライブ活動も結成時より並行して続けてきた。これまでのソロ活動では長きにわたって、木製アコースティックギターを用い、独自の日本語詞にこだわり、ロック、フォーク的なアプローチでの楽曲を中心としてきたが、2013年にナショナルのリゾネーターギターを手に入れ大いにハマる。これをきっかけに、より本格的なブルース、カントリー、ロックンロールをベースとしたスライドプレイでのオリジナル【日本語ロッキンブルース】へと変化。バンド(スランキーサイド)とは全く別の楽曲とスタイルにて各地で精力的にライブ活動を展開中。

<MIKE HINO & LOCAL MANNERS>
優しいREBEL MUSICを歌うMIKE HINOとピアニカとパーカスのLOCAL REGGAEMANからなる3人編成バンド。

<MS.driver>
山元から来ましたMS.Driver です。3人で仲良くビールを飲みながら曲を作って、歌う素晴らしいバンドです。しん(AG,Vo) / まつ(EG,Vo) / tan(B,Vo)
8
(sun)
TITLE Mr.OH YEAH
Back from Chicago Live Tour 2017
ARTISTS Mr.OH YEAH (G,Vo) HP / opening act : GRAYTYPE(ex.nouveaus)
OPEN 18:30 START 19:00
ADV ¥2,000
中高生¥1,000
DOOR ¥2,500
中高生¥1,500
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<Mr.OH YEAH>
1996年冬、ブルースマンMr.Oh Yeahはシカゴブルースサウンドをベースに活動を始めたブルースプロジェクト〜HOOKER〜を結成し3枚のアルバムを発表。2001年からはアメリカ、シカゴでもCDが発売されワールドワイドな活動を展開。2008年正式名称を”Mr.OH YEAH & his blues project HOOKER”と変えての最新CDアルバム「Call me oh yeah !!」をリリース。シカゴより、ビリー・ブランチ、B.B.KINGの娘シャーリー・キング、菊田俊介、日本から石川二三夫、KOTEZがゲスト参加。惜しくも急逝したブルースマスター「塩次伸二」のラストレコーディング「SWEET HOME CHICAGO」も収録されている貴重なアルバムとなる。
25
(wed)
TITLE 今月は25日が「みちくさの日」
ARTISTS
OPEN 17:00 START 17:00
ADV DOOR ¥500 1drink付
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント お喋りしてぼんやりして、楽器を弾いたりCDを聴いたり。
ラ・ストラーダで道草しましょう。
17時から22時までお好きな時間にお寄りください。
26
(thu)
TITLE T.Sumitomo Band autumn tour 2017
ARTISTS 住友俊洋 (G,Vo) HP / 井手信志 (B) FB / 高藤泰三 (Ds) FB
opening act : 大権現楽団
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥3,000
中高生¥1,500
DOOR ¥3,500
中高生¥2,000
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<住友俊洋>
1991年THE SAVOY TRUFFLEを結成。日本、アメリカ、ヨーロッパを中心にワールドワイドに活動。ジョージア州アトランタでおこなわれたON THE BRICKSでは5万人の前で演奏し高い評価を得る。
2005年Bluestone Companyの活動を開始。日本の有名ギターリストばかりを集めた「Lightning Blues Guitar Festival」に参加。Char、鮎川誠、近藤房之助、山岸潤史らと競演する。2007年日本人では初めてSWEDEN ROCK FESTIVALのメインのステージ出演。2009年にはオハイオにてZ.Z.TOPのオープニングもつとめる。

2011年は自身のバンドT.Sumitomo Bandを結成。2013年12月からドラムスに高藤泰三(The Savoy Truffle)が参加。
27
(fri)
TITLE ヤマザキヤマト イシノマキライブ 2017
ARTISTS ヤマザキヤマト (Hang & Handpan、民族打楽器、歌) HP
opening act : 四倉由公彦 (ギター、笛、他) HP
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥2,000
20歳以下¥1,000
DOOR ¥2,500
20歳以下¥1,500
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<ヤマザキヤマト>
アフリカやブラジル産まれの太鼓や20世紀最後の発明楽器と言われるHANGを駆使し躍動と癒しの音色を奏で歌う。心に響く歌詞、そしてユニークなパフォーマンス。聴く人みな笑顔の時間に。
2001年より全国各地を巡る演奏活動を開始。2015年発表のインストゥルメンタル作品『From the Universe』は屋久島や安曇野を訪ね得たインスピレーションをHANGの音のみで紡ぎ出している。その澄んだ心地よいサウンドは音楽ファンだけでなくヨガやヒーリングの世界にも浸透しつつある。
2004年アルバム『闇を走る』発表。2006年アルバム『to the moon』発表。 2010年アルバム『BLUE & RED』発表。 2015年アルバム『From the Universe』発表。

<四倉由公彦>
宮城県を拠点に活動する音楽家。ギター、和太鼓、篠笛、ディジュリドゥなど様々な楽器を使い自然に鳴るような音を追求し演奏、制作を続けている。
Coupie、Jai Machine、らよち、雄勝町伊達の黒船太鼓保存会、雄勝町胴ばやし獅子舞味噌作愛好連などの多方面の音楽・郷土芸能団体に所属・参加。
舞踏、ダンス、ライブペイント、VJなど他ジャンルの表現者とライブで共演している他、写真や映像、絵画などに楽曲制作・提供をしている。
29
(sun)
TITLE 近藤房之助LIVE 2017 ~Anytime Anyplace~
ARTISTS 近藤房之助 (Vo,G) HP / YANCY (Pf) HP
OPEN 19:00 START 19:30
ADV ¥5,000
中高生¥2,000
DOOR ¥5,500
中高生¥2,500
drink別¥500
お問合せ tel.0225-94-9002 mail.info@la-strada.jp
コメント
<近藤房之助>
1951年生まれ。日本では数少ないブルース・シンガー。76年京都にて伝説のバンド、BREAK DOWNを結成。90年にLIVEアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。また、同年、企画バンド「B.Bクィーンズ」に参加、テレビ・アニメの主題歌「おどるポンポコリン」をリリースする。この老若男女楽しめるパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年のレコード大賞をも獲得するに至った。コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動と、B.B.KING、OTIS RUSH、BOBBY “BLUE”BLAND、STUFFなど海外のミュージシャンと共演する傍ら、日本に於いても数多くのミュージシャンに影響をあたえ続け、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立を果たしている。

<YANCY>
沖縄生まれ。シンガーソングライターとしての活動と並行して様々なアーティストのレコーディングやライブサポートに参加。またアレンジャーやサウンドプロデューサーとしても評価されておりレコーディング作品やCM作品も多数。ローズ、ウーリッツアー、ハモンド、アナログシンセなどビンテージ楽器のスペシャリストとしても知られている。ルーツミュージックから音響系まで実に幅広い音楽的バックボーンは多くのミュージシャンから信頼を得ている。デビュー当初から続けているユニット『kotez&yancy』では独自のブルース、ニューオリンズピアノでルーツミュージックファンを魅了し続けている。Dr Jhonやオル・ダラのフロントアクトを務め、Otis RushやBuddy Guyとも共演。また八代亜紀のミニアルバムを全曲サウンドプロデュースするなど、その活動範囲は多彩である。
< 2017.09 2017.10 2017.11 >
   top page